豚プラセンタと馬プラセンタの違いとは?結局どちらが良いの?

豚プラセンタについて

 

現在流通しているプラセンタには、大きく分けて
ヒトプラセンタと豚プラセンタ、
馬プラセンタの3つの種類があります。

 

それぞれにはどのような違いがあり、
どのような特徴があるのでしょうか?

 

特に、似たようなイメージの強い
豚プラセンタと馬プラセンタの違いとは、何なのでしょうか?

 

今回この記事では、そのような点について、
調べてまとめてみました。

 

プラセンタを配合したサプリメントやドリンク選びで
悩んでいるという方も、ぜひ参考にしてみてください。

 

この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

プラセンタの種類

 

豚プラセンタについて

 

ヒトプラセンタ

 

ヒトプラセンタは、プラセンタの種類の中でも特殊なもので、
医療機関でのみ使用されている種類のプラセンタです。

 

人の胎盤が原料となっており、厳しいチェックのもと、
医療機関で使用されるプラセンタです。

 

馬プラセンタ

 

馬プラセンタは、名前の通り、
馬の胎盤が原料となっているプラセンタのことです。

 

豚プラセンタと比べて希少価値が高く、
値段も少々高くなる傾向にあります。

 

豚プラセンタ

 

豚プラセンタは、現在日本国内で最も多く流通している
一般的なプラセンタのことです。

 

市販されているプラセンタの中で最も多く使われており、
手頃な値段で購入できるため、サプリメントなどにも
人気が高まっています。

 

豚プラセンタと馬プラセンタの違い

 

豚プラセンタについて

 

豚プラセンタと馬プラセンタの違いは、ヒトプラセンタと異なり、
動物の胎盤が原材料となっているので、
どんなものがあるのか気になりますよね。

 

効果や希少価値などでは、どのように違うのでしょうか?

 

成分

 

成分面では、実は豚プラセンタと馬プラセンタの違いは、
ほとんどありません。

 

しかし、プラセンタの中でも、大切な成分の一つである
アミノ酸の含有量が少し異なります。

 

タンパク質の原材料ともなるアミノ酸は、美肌効果や
健康効果に欠かせませんが、馬プラセンタの方が
豚プラセンタと比べて、少し多くアミノ酸が含まれているんです。

 

どの程度違うのかと言うと、馬プラセンタのほうが、
豚プラセンタより、1.1倍から2.2倍ほど多い程度です。

 

希少価値

 

希少価値では、豚プラセンタと馬プラセンタの違いが
大きくなります。

 

豚と比べて、馬は妊娠期間が長く、妊娠する回数も少ないため、
馬プラセンタの方が希少価値が高くなります。

 

それで、豚プラセンタを配合している商品と比べて、
馬プラセンタを配合した商品の方が
高価格になりやすいとされています。

 

 

豚プラセンタサプリ ランキング